玉川堂の工芸品

美的要素の導入。
明治時代、政府の輸出奨励策もあり、鎚起銅器は海外向けも制作されました。
ジャポニズムという日本ブームの中、海外で人気を博しました。

玉川堂の工芸品

美術工芸品への変容

玉川堂の挑戦
玉川堂の挑戦

緋色の鎚起銅器

間瀬銅山でとれた銅は緋色が美しく品質も優れていました。

緋色の鎚起銅器
鳳凰金象嵌 鼎式香炉 玉川堂4代目覚平